休日の夕方で込み合っていた某小売店での出来事です。私は自分の必要なものをささっとかごに入れ、案の定混雑していたレジに並びました。

2台のレジが稼働し、その後に数人がレジ待ちをしていました。するとピンポーンという音と共に店内アナウンスが流れました。

「3号レジ応援おねがいします!」と。それを聞いた私の前に並んでいた親子、お父さんと5歳くらいの娘さんでした。

その娘さんが「パパ、レジ応援ってなんていう意味なの?」と興味津々に聞きました。

後ろで聞いていた私は心の中で「人員を増員する」という答えを出しました。

すると、そのお父さんは「レジ応援っていうのはね、フレーフレーってレジを応援するんだよ!お客さんいっぱいで困ってるでしょ?レジさんがんばれって言うんだよ。

言ってみる?」と。

質問から数秒でこんな素敵な答えが出るなんて!と私は自分の正解だけれど恐ろしく冷たい答えが恥ずかしくなりました。

同時に娘さんよりパパさんかわいい!忙しい時間にとてもほんわかあったかい出来事でした。ラピエルの二重の口コミって嘘?